令和3年度 講演会 講師は久保田市長



掛川地区の更女会は150人余の会員数で、本日は80人余の参加となり大勢の会員らが集うことが出来ました。コロナが今現在はおさまっていることが幸いです。
市長からは、掛川市のこの一年のお話から、陸前高田市の副市長になられた経緯や、震災後の復興への被災地の市民の想い、避難における見識(空振りでもいいではなく素振りのつもり)、その他わかりやすくご講演頂きました。質問の時間も足りない程で、充実した90分でした。

令和3年度冠講座 掛川東高校にて

講演後、講師と意見交換される生徒5名。

11月13日土曜日、掛川東高校では文化講演会が行われ、それが同時に更女会の冠講座となりました。講師はゲド戦記で著名な清水真砂子先生。教員の御経験から、何故に勉強をするのか?何のために学ぶのかを高校生に問いかけられました。

コロナ対策で、生徒諸君は教室でリモートで拝聴、私達は清水先生が講演をされる広い会議室で拝聴しました。生徒にお話しするのに中高年の更女会がぎっしり座っているので、多少の動揺があったのではないかと心配をしましたが、私達まで素晴らしいご示唆を賜って「私達も高校生の時代に伺っておきたかった」と口々に。

この写真をご覧ください。講演後、生徒たち5人は清水先生を離さず、質問攻めに。先生も微笑んで楽しそうに応えられておられます。昼食時間はいらないと生徒さんから言葉が出てきたのは、冠講座冥利。まさに更女の想いが叶っています。冠講座では、高校生の時期に学んでほしいことを贈り物にしたいからです。

最後になりましたが、先生の示唆は「勉強するのは、地位のためや良い企業に行くためなどの競争をして勝つためでもなく、勉強は時間と空間を超えて他者とつながるものであるはずだから、友だちと何時も一緒でみんなと同じでなく自分流でいいから、学ぶことがつながって楽しいものを創造する源泉であることを感られるように」と丁寧な例(アメリカ先住民や魔女狩り等)を用いながらお話しくださいました。

令和3年度冠講座 11月13日(土)県立掛川東高校にて

県立掛川東高校にて、一室を借用してリモート受講をさせて頂きます。
講師は、掛川在住で「ゲド戦記」の翻訳者の清水真砂子様
演題は、「ひとり居の時間あってこそ」
時間は、10時~11時20分です。
是非、この機会に、清水先生のお話をお聞きください。お見逃しなく。
*市内4高校へ、順番に年1講座ずつ実施する冠講座は、今回の東高校
で3順目となります。

大須賀支部 デンマーク牧場内まきばの家の奉仕作業続く

12月3日、袋井市の児童養護施設まきばの家に今年も奉仕活動。

花壇整備をしました。クリスマスやお正月に楽しんで頂きます。植栽した花はパンジー、ビオラなどです。

また、折り紙や椿の実、牛乳パックなどで創作した飾り物もプレゼントしてきました。喜んで頂けるとよいのですが。

大須賀支部以外の皆さんからもご協力いただいた雑巾も35枚寄付させて頂きました。皆様に感謝します。


冠講座が誕生した根拠の1つ 児童養護

令和2年10月、大須賀の児童養護施設「まきばの家」を視察させて頂いた。肉親と暮らすことのできない子供たちが安全に暮らしている。高校3年生も3人ほどおられて、受験や就職などで頑張られているようだ。両親と死別という理由は少なく、ほとんどが親からの虐待が多いという。子供たちを社会が守れるよう私達も寄り添いたいと思っている。大須賀支部の会員の皆様方は奉仕活動として花壇整備をしてくれている。

 

令和2年11月11日 13:30~大須賀支部主催のおしゃべり交流会

袋井市のデンマーク牧場の「まきばの家」施設長様からお話を伺う予定です。場所は大須賀支所 交流センター2階 会議室です。

また、12月3日には、まきばの家の周辺花壇の手入れをします。参加いただける方は支部長迄ご連絡ください。9時30分掛川市役所、大須賀支所から乗り合わせて出発します。分からないことや持ち物他は、支部長にお尋ねください。

冠講座 2巡目の最後は掛川工業高校 講座は、「スマホ安全教室」

NPO法人浜松子どもとメディアリテラシー研究所の長澤さまに講演を頂きました。

副題は「安全で安心なスマホ(ネット)利用とは」

参加は高校一年生の全員。責任は自分自身という言葉に改めて自覚されたでしょう。

生徒の皆さんは、眠る方一人もなく、立派な拝聴態度。講座を支援する私達も

有益な情報を共に拝聴出来たことが嬉しく思いました。

bty
bty

お願い 2020年 手作りマスクの寄付は、終了しました。ご協力誠に有難うございました。

県内の更生保護施設へ県更女連盟が配布をされます。地域の役員へお届けください。皆様の善意を県更女連盟へお届けいたします。

上記の活動は、ご協力が多く、所期の目的が果たせましたので、終了するとのことです。ありがとうございました。