社会奉仕活動の次は、副市長を囲んで学習会

保護司会の皆さんと協力して、菊川市の東遠学園で、対象者の支援活動をしました。年に1回ほどの奉仕作業ですが、東遠学園もきれいに清掃されて、毎年、気持ちのいい一日です。(写真無し)

さて、大須賀支所内で、学習会をしました。

講師は、副市長の石川紀子さまです。

女性副市長も、公募で選抜されたことも初めてで、市民にとってはどのような方かな?と会いたかった方です。ご講演内容はデジタルフォーメーション(DX)が、これからの社会に必要な訳を、ご自分の経歴を織り交ぜて、わかりやすく御話頂きました。時間が足りなく、質問が出来にくく、次回は副市長のお得意のワークショップの方式で行えるといいなと思いました。

令和3年度 講演会 講師は久保田市長



掛川地区の更女会は150人余の会員数で、本日は80人余の参加となり大勢の会員らが集うことが出来ました。コロナが今現在はおさまっていることが幸いです。
市長からは、掛川市のこの一年のお話から、陸前高田市の副市長になられた経緯や、震災後の復興への被災地の市民の想い、避難における見識(空振りでもいいではなく素振りのつもり)、その他わかりやすくご講演頂きました。質問の時間も足りない程で、充実した90分でした。

令和3年度冠講座 掛川東高校にて

講演後、講師と意見交換される生徒5名。

11月13日土曜日、掛川東高校では文化講演会が行われ、それが同時に更女会の冠講座となりました。講師はゲド戦記で著名な清水真砂子先生。教員の御経験から、何故に勉強をするのか?何のために学ぶのかを高校生に問いかけられました。

コロナ対策で、生徒諸君は教室でリモートで拝聴、私達は清水先生が講演をされる広い会議室で拝聴しました。生徒にお話しするのに中高年の更女会がぎっしり座っているので、多少の動揺があったのではないかと心配をしましたが、私達まで素晴らしいご示唆を賜って「私達も高校生の時代に伺っておきたかった」と口々に。

この写真をご覧ください。講演後、生徒たち5人は清水先生を離さず、質問攻めに。先生も微笑んで楽しそうに応えられておられます。昼食時間はいらないと生徒さんから言葉が出てきたのは、冠講座冥利。まさに更女の想いが叶っています。冠講座では、高校生の時期に学んでほしいことを贈り物にしたいからです。

最後になりましたが、先生の示唆は「勉強するのは、地位のためや良い企業に行くためなどの競争をして勝つためでもなく、勉強は時間と空間を超えて他者とつながるものであるはずだから、友だちと何時も一緒でみんなと同じでなく自分流でいいから、学ぶことがつながって楽しいものを創造する源泉であることを感られるように」と丁寧な例(アメリカ先住民や魔女狩り等)を用いながらお話しくださいました。

熱海伊豆山土砂災害被災地への義援金について

 第一回の理事会を7月7日開催し、本年度事業計画の具体案を検討。また、保護司さんとの連携強化を目的とした研修を行いました。
研修内容については、更女だより101号(9月発行予定)で報告させていただきます。
 7月3日午前に発生した「熱海伊豆山土砂災害被災地」に義援金をお届けし、少しでもお役に立ちたいとの意見が出ました。
 検討結果、例年、年末に歳末助け合い募金として、社会福祉協議会にお届けしておりました一円玉募金を、今回は、被災地への支援に向けることを全員一致で決定しました。
 一円玉募金13,690円と、一会員@200円相当として、会員150名分30,000円を本会計より拠出し、合計43,690円を、7月20日、正副会長で久保田市長にお届けしました。
 一日も早い熱海市の復旧復興を心よりお祈り申し上げます。
 会員の皆様には、日頃のご協力に感謝すると共に、ご理解頂きたくお願い申し上げます。

令和3年7月
掛川地区更生保護女性会 会長 大石幸恵